機長がフライト中に心臓発作、死亡 米航空機

米国ヒューストン発シアトル行きユナイテッド航空1603便の機内で26日夜、ヘンリー・スケラーン機長(63)が心臓発作を起こし、同機はアイダホ州ボイシの空港に緊急着陸した。着陸後、スケラーン機長は直ちに病院に運ばれたが、その後死亡した。 米連邦航空局(FAA)は2007年に、パイロットの経験を重視し、航空機パイロットの定年を60歳から65歳に引き上げたが、今回の事故をきっかけにパイロットの定年を…

Powered by WPeMatico

]]>

اترك تعليقاً

لن يتم نشر عنوان بريدك الإلكتروني. الحقول الإلزامية مشار إليها بـ *