無料でメールアドレスを複数取得したい。Yahoo!アカウントで作成できるらしいので作り方を教えて!

0916_00.jpg

最近のウェブメールは、アカウント作成時にスマホでの認証を行うため、無制限にアカウントを作れなくなっている。複数のメールアドレスが必要な時は困りものだが、Yahoo!メールには「セーフティメール」という、1つのアカウントから複数のメールアドレスを作成できる機能がある。

怪しいサービスへの登録用や、連絡先を使い分けたい場合など、複数のメールアドレスを所持しておくと何かと便利。ウェブメールはこういった、いわゆる「捨てメアド」を作るのに最適だったが、最近ではスマホによる認証が必須となり、アカウントを量産するのは難しいサービスが多い。
Yahoo!メールでは、1つのアカウントから、無料ユーザーなら最大10個、有料ユーザーなら30個のメールアドレスを作成できる「セーフティメール」というサービスを提供している。「ベースネーム」を設定し、それにハイフンでキーワードを繋ぐ形で、好きな英数字のメールアドレスを作れるのだ。
Yahoo!アカウントは、同一IPアドレスからのアカウント作成に制限があるので、アカウントを量産するのは難しいが、セーフティメールを使えば、単一のアカウントで複数のメアドを使い分けられるぞ。

■ 無料ユーザーでも最大10個までメアドを増殖させられる

safetymail_01-thum.jpg Yahoo!メールに自分のYahoo!のアカウントでログインしたら、右上にある「メールオプション」のリンクをクリックしよう。Yahoo!メールの設定画面に入れるぞ

safetymail_02-thum.jpg 「メールオプション」の中に「セーフティアドレス」という項目があるのでクリックする

safetymail_03-thum.jpg セーフティメールのページが開いたら、右上の「今すぐ作成する」をクリックしよう

safetymail_04-thum.jpg ベースネームを設定する。半角4文字以上の好きな英数字で設定しよう

safetymail_05-thum.jpg なお、既にほかのユーザーに利用されていた場合は、後ろに数字を付けた候補の中から選択するか、新しいベースネームを指定し直す

safetymail_06-thum.jpg ベースネームが設定できたら、次はキーワードの指定だ。こちらも覚えやすい英数字を入力しよう

safetymail_07-thum.jpg 最後に受信したメールの配信先フォルダと、セーフティアドレスに届いたメールを色分けする際に利用する配色、。振り分けや迷惑メールフィルターの設定を行おう

safetymail_08-thum.jpg これですべての設定が完了。セーフティアドレスは無料ユーザーであれば10個まで、有料ユーザーは30個まで作成できる。アドレスの追加や削除の回数制限はないので、使い捨てメールを作るのにも便利。なお、2つ目以降のアドレスは、ベースネームを共有する

Powered by WPeMatico

]]>

اترك تعليقاً

لن يتم نشر عنوان بريدك الإلكتروني. الحقول الإلزامية مشار إليها بـ *