東芝、撮影後に"ぼかし"やピント変更が可能な二眼カメラモジュール

東芝は26日、撮影と同時に被写体の距離情報を計測・出力できるカメラモジュール「TCM9518MD」を発表した。1/4型で500万画素のCMOSイメージセンサー2基と同社独自開発の画像処理LSIを搭載する。サンプル価格は5,000円。2014年1月にサンプル出荷、4月に量産を開始する。

Powered by WPeMatico

]]>

اترك تعليقاً

لن يتم نشر عنوان بريدك الإلكتروني. الحقول الإلزامية مشار إليها بـ *