iPhoneの動画や写真をパソコンに取り込んで保存する簡単な方法を教えて

0924_00.jpg

iPhoneで撮影した写真や動画をパソコンに保存する場合、iTunesやアプリ、iCloudを使う方法もあるが、それよりももっとシンプルで確実が方法がある。それが、「USBメモリでパソコンに繋いでマイコンピュータからぶっこ抜く」だ。

iPhoneからアプリのデータを取り出す場合には、専用のアプリやツールを使う必要があるが、写真や動画の場合は、そういった面倒な手順を踏まなくても、パソコンに繋いで直接取り出すことができる。パソコンに接続したiPhoneはストレージデバイスとして認識されるので、SDカードなどと同様に中のデータ(写真と動画のみ)を取り出せるのだ。
これは、自分のiTunesがインストールされてないパソコンでも利用できるので、例えば友達に撮影したばかりの動画や写真を渡したい、といった場合でも、USBケーブルさえあれば相手のマシンに繋いで転送できる。もっともシンプルで確実なデータのバックアップ方法なので、頭に入れておくといいだろう。

■ iPhoneから撮影した動画や写真を取り出す一番簡単な方法

mypc_01-thum.jpg iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続してマイコンピュータを開く。「ポータブルデバイス」にiPhoneが追加されているので開こう

mypc_02-thum.jpg iPhone内のストレージ領域が「Internal Storae」として表示されるので、開こう

mypc_03-thum.jpg 「DCIM」フォルダが表示される。「Digital Camera Images」の略。デジカメのストレージにも同様のフォルダに写真が保存されるので、見たことのある人も多いはず

mypc_04-thum.jpg DCIMフォルダの内部は、写真や動画の数が多い場合は複数のフォルダで保存されている。形式や日時によって分類されているわけではないのに注意

mypc_05-thum.jpg フォルダの内部に写真や動画ファイルが保存されている。このデータをドラック&ドロップで取り出して保存すればよい

Powered by WPeMatico

]]>

اترك تعليقاً

لن يتم نشر عنوان بريدك الإلكتروني. الحقول الإلزامية مشار إليها بـ *